トップ > お役立ち情報

カナダ

2017年10月06日・・ カナダ
10月に入り、正直、戦々恐々とした気分です。何に?」って思われるかもしれませんが、天候にです。

いろいろな人にさんざん脅され、冬は-40度になることもあったというLONDONで10月から冬が始まる場合もあると聞いていたので。
しかし、本日(10/5)現在、昼間の気温は23度。昼間はまだまだ半袖で歩かないと暑いです。これも地球温暖化のせいかもしれませんが、冬はまだまだ先なのかなと感じています。

さて、こちらに来てもうすぐ半年になりますが、季候がいいこともあり、ほとんどの移動は、運動をかねてWakingでした。たまに、必要を感じたときにバスに乗るぐらいでした。しかし、上記に述べたように、これから本格的に始まる冬に歩いての通勤はさすがに無理なような気がします。多くの人から、車を購入した方がいいと進められているのですが。

ところが、ある先生から車をレンタルしてはどうかという提案があり調べてみると、Monthlyで通常650-700ドル。また、私はVisiting Teacherではありますが、こちらのCatholic Boardという公立校の教員扱いになるので、教員割引が2割ほどあり、保険込みで600ドルをすこし超えたぐらいで借りられることがわかりました。

車を購入するより、手続きも簡単ですし、何よりこちらの自動車保険は大変高いので、保険が込みでこの値段はかなりお得感があります。本格的な冬が始まる12-3月の4ヶ月は車を借りることで乗り切ろうかなと感じています。皆さんの行かれる地域でも、教員専用の割引があるかもしれません(Rootsなども教員証をみせると1割引になります)。是非、利用してみてください。

London(Canada)
2017年09月09日・・ カナダ
夏休みに日本から多くの教え子達や友人・知人が私の住むオンタリオ州ロンドンを訪問してくれました。

その度にナイアガラの滝を訪問しました。結局8月だけでナイアガラの滝に7回も行くことになり、様々滝の情景を見ることができ大変喜んでいます。

ナイアガラの滝には多くの観光客の方が毎日訪れるため、たくさんの周辺観光アクティビティを効率よく行いたいなら朝早くから行くことを強くお勧めします。

ただし、実際のところ滝が綺麗に見えるのは夕方から夜にかけてで、夕方は太陽の加減でナイアガラの滝に虹が架かっていることが多いですし、夜のライトアップした滝も非常に幻想的で素敵すで。

周辺の宿泊施設は値段が高いですが、カナダの誇る世界遺産のナイアガラの滝に行かれるときは是非時間に余裕を持って行ってくださいね。
2017年05月28日・・ カナダ
車がないと不便ではあるが、滞在先の学校からダウンタウンは徒歩圏内にあり、ダウンタウンに行けば基本的には何でも手に入ります。両替所が近くにはないと聞いているので、日本円を両替したい場合はVictoriaなどの観光地まで行く必要があるかもしれません。
バンクーバーのダウンタウンへは、片道およそ4時間ほどかかるので(学校からNanaimo Departure Bayまで車で45分、船でHorshoe Bayまで1時間45分、Horshoe BayからダウンタウンまではExpress Busで30~40分)、気軽には行けない距離ですが、寮のアクティビティでバンクーバートリップがあるため、それに参加してバンクーバーへ行くことが可能です。
2017年05月02日・・ カナダ
私は大阪出身なのですが、カナダの気候は大阪よりもちろんのことながらずっと寒いと思っていましたが、4月中旬のカナダの気候は、大阪とあまりかわらず晴れていればとても暖かく心地よいです。天候の悪い日に10度前後と肌寒い時もありますが、冬用の服をたくさん持ってきましたが、セーターなどは1度も着ていません。

治安の良さにも驚かされます。日本と変わらない感じで、行き交う人たちのほとんどが笑顔で挨拶してくれますし、学校の生徒もとても礼儀正しいです。地域によっては少しあれているところもあると聞きますが、それも日本と同じかなと。普通に注意して生活していれば危険な事には遭わないだろうなと、ここロンドンの街では感じます。あと、どこにいってもトイレが清潔で使いやすいのもありがたいです。

物価は、税金が高い分日本より高いなと思うものも多くありますが、DOLLARAMAという日本でいう100均のような店もあり(全ての商品が1~3ドル)、節約しようと思えば昼代をいれて一日1,000円も使うことがないのがほとんどです。
2016年11月30日・・ カナダ
冬はかなり冷え込みます。朝晩は、マイナス10度前後になることも多いです。冬を過ごされる方は、湯たんぽがあると便利です。暖房があまり効かなかったり、暖房を一晩中効かせると乾燥がひどかったりするので湯たんぽを寝る数時間前にベットに入れています。少し荷物になりますが、なかなか手に入らないので持ってきてよかったです。

Canada

▲ ページの先頭へ