トップ > お役立ち情報

カナダ

2019年12月02日・・ カナダ
カナダで銀行口座を作りました。手順を以下に示しておきます。

①必要書類・情報を集める。
カナダで銀行口座を作るにあたり、日本のマイナンバーとカナダのソーシャルインシュランスナンバーというものが必要でした。ソーシャルインシュランスナンバーはカナダサービスというお役所で発行していて、ビザとパスポート、住所等を提出すると教えてもらえます。
カナダの銀行について事前にインターネットで調べて銀行とプランを決めました。日本語で紹介されている情報も多く、私などの一年ほどの滞在者にとって良いプランなどもあるので事前に調べておくことをお勧めします。

②銀行に予約を入れる。
口座を開設するにあたり、事前予約が必要なようです。インターネットで予約すると、予約情報がメールで送られてきて便利でした。電話や直接窓口に行くことにより予約を取ることもできるようです。この際に私は自分が日本人であること・口座を開設したい旨を伝えています。

③銀行に行き、受付を済ませる。
事前に受けとったe-mailを見せるとスムーズでした。

④個室に通され、バンカーと話をする。
初めに持ってきた書類(ビザ・パスポート・ソーシャルインシュランスナンバー)を見せたことで会話がスムーズだったように思います。カナダで何をしているか。カナダで収入があるのか等を聞かれ、その後にお薦めのプランの紹介を受けました。事前に調べておいたため、話をよく理解することができたように思います。この際に何か質問がないかと聞かれ、私はこの銀行で日本から持ってきた現金をカナダドルに換金できるかと、日本から家族に送金してもらう際の手続きのことを尋ねました。

⑤必要情報の入力・サインを行う。
主にバンカーが情報を入力してくれますが、パスワードやセキュリティのための質問の答えは自分で入力していきます。情報を控えておくために筆記用具の準備をお勧めします。

⑥窓口に通され、カードのPINナンバーの登録と現金を預ける。

●全部で30分ほどの手続きでした。日本で作ったデビットカードが機能せず、キャッシュが引き出せない事態が発生し、やむ終えず銀行口座を作りましたが、ほぼほぼ一人で手続きを済ませることができ、自分の成長を感じました。私が住んでいる町は人口一万人ほどですが、銀行で日本円からカナダドルの換金ができるようです。私の体験からいうと日本円でもいいので少し多めに現金を持ってきておくことをお薦めします。

2019年11月03日・・ カナダ
先日、ホストファミリーに温水プールに連れていってもらいました。こちらの方たちは、よく行っているようです。冬でも水着を持っていると便利です。

Toronto,CANADA
2019年11月01日・・ カナダ
は九州出身なので、周りの方に相談をして、ブーツなどの購入を進めています。

住んでいる地域は雨が多い地域で、雨をはじく服が必要です。日本から持ってきたコートやブーツはほとんど使えませんでした。また、洗濯機でドライや手洗いがまだできず、こちらで現地で使う服は現地で買った方が実用的であるように感じています。

とはいえ、近くに北海道出身の方がいらっしゃり、お話をしましたが、北海道は気候が似ていて、持ってきた服がそのままるかえることが多いそうです。
2019年11月01日・・ カナダ
古い安いものを持っていきましたが、たくさんの方に喜んでいただけます。
ハロウィーンパーティの時も浴衣と100円均一で買った鬼のお面を被っていきました。
他にも活用する機会がありそうです。
2019年10月14日・・ カナダ
渡航前に日本でPhoneboxのSimカードを購入していきました。自分の端末と合わなかったため、トロントのレンタル端末を使おうと思いましたが、トロントのショップと滞在先が離れているため、行けておらず、現在は使っていません。

そこで、校長先生たちとは、Facebookで連絡をすることになりました。(また、校長先生のタブレットもお借りしています。)
こちらの方々は、Lineではなく、Whats  Appが主流とのことで、自分もダウンロードしようとしましたが、電話番号を持っていないため、アカウントを作ることができませんでした。日本でWhats Appをいれておけばよかった、と思いました。

▲ ページの先頭へ