トップ > お役立ち情報

お役立ち情報

2019年10月26日・・ フィンランド
少しずつ寒くなってきました。私が日本で用意した防寒着・防寒具は風を完全に防ぐものではなかったので効果がありませんでした。こちらでウォータープルーフ・ウィンドプルーフのものを購入した方が確実に寒さを防げます。また、物を大事にする精神から、セカンドハンドショップが盛んですので中古でもかまわない場合はセカンドハンドショップをおすすめします。新品を買うなら洋服屋より大手スーパーの中に入っている衣類コーナーの方が安く手に入れることができます。
2019年10月14日・・ カナダ
渡航前に日本でPhoneboxのSimカードを購入していきました。自分の端末と合わなかったため、トロントのレンタル端末を使おうと思いましたが、トロントのショップと滞在先が離れているため、行けておらず、現在は使っていません。

そこで、校長先生たちとは、Facebookで連絡をすることになりました。(また、校長先生のタブレットもお借りしています。)
こちらの方々は、Lineではなく、Whats  Appが主流とのことで、自分もダウンロードしようとしましたが、電話番号を持っていないため、アカウントを作ることができませんでした。日本でWhats Appをいれておけばよかった、と思いました。
2019年10月14日・・ イギリス
ケンブリッジにはケンブリッジ大学の31のカレッジがあります。それぞれのカレッジは観光客にも開かれていて、カレッジごとに大きさや造り、中庭やチャペルも異なるので、自分のお気に入りを見つけるのも楽しそうです。ケインズを輩出したKing's Collegeやダーウインが学んだChrist College などを訪れました。先日ランチを食べたeagleというパブはワトソンとクリックがDNAのらせん構造を発表した場所らしく、さすが、ケンブリッジにはいろいろなエピソードがあります。(ニュートンが万有引力の法則を発見するきっかけになったリンゴの木の末裔もあります。)

自転車とバスが主な通勤・通学手段ですが、バスが遅く、大変です。学校に行く際、私は町の南にあるホームステイ先から町の中心で乗り換え、北に行くので、車で行くと30分の所を大体1時間半くらいかけて通っています。コンタクトレスのカードとオイスターカードしか受け付けないロンドンのバスとは違い、一人ひとり、乗客が小銭で運賃を払うのでとても時間がかかります。掲示板に出ていたバスが直前になり突然来なかったりもしました。シングルチケットは£2.8もするので(ロンドンは£1.5)、megariderと呼ばれる一週間や一か月のカードを買った方がずいぶん割安です。ホストマザーは同じ学校の先生なので、週に1回は車に同乗させてもらっています。(環境のため、他の日は自転車を使われています。)私は自分が不注意な性格なので、自転車には乗りません。バスも今ではだいぶん慣れ、ロンドンでは地下鉄の入り口で大量に配っている無料の新聞もバスに数部おいてあるなど、バスの良い面も見出しています。 

ームステイ先は、同じ学校の先生宅です。お子さん3人のシングルマザー宅です。しっかりされていますが、同時にとてもeasygoingな性格なので、とても居心地がいいです。英語の先生なので、いろんな本の話をしたりするのも楽しいです。マザーの希望で食事は原則自分で準備し、時折、シェアする形態です。はじめは違和感がありましたが、慣れると通常は食事の時間など気にすることもないし、好きなものを食べられるので、とても気楽です。(でも夕食時が一番会話も弾むのでできるだけ一緒に食卓に着くようにはしていますが。)バスタブもあり、好きな時に入っていいと言ってもらっているので、快適に過ごさせて頂いています。
2019年10月07日・・ オーストラリア
家の中では靴を脱ぐ家庭が増えているようです。
冬場はフローリングなどの場所は床が冷たく何か履いていないと足から冷えてしまいます。
現地購入でいいと思いますが室内履きは必要です。
2019年09月30日・・ カナダ
最近(半年過ぎてやっと!)少しずつ「生きていくための」タスクから「生活を快適にするための」タスクに日常が移行できつつあります。本当に"やっと"です。そこで先日、日本の100均ショップを求めてトロント市内の方に車で向かってきました。今回は日本紹介の授業を充実させたい一心で向かった日本の100均ショップで購入できた商品を紹介したいと思います。

まずは「書道」に関する道具一式。筆(小筆もセット!)、墨汁、すずり、布下敷き、半紙など全て揃いました。すべて1品2ドルです(100均のものが全て2ドルと高くなっています。でも日本からの取り寄せを考えると格安だと思いました)。次に「茶道」。日本からも持って来ていましたが、全く足りないのでどうしようかと悩んでいました。抹茶、茶筅(茶筅は1つ12ドル)、和菓子(っぽい個装菓子)が揃いました。
おかげでつい先日、「茶道」を一通り作法に則って体験してもらうことができました。生徒全員が茶筅をもって抹茶を作る体験ができたので本当に良かったと思いました。さらに、箸、ふりかけ、のり、お椀、なども揃います。先日の「日本クラブ」では、日本の朝食の紹介として、おにぎりとみそしるを日本の材料や箸で体験してもらうことができました。

せっかくカナダに来ているのだからと、日本のお店には無関心でいましたが、授業等を計画するにあたり、このようにいつでも日本のものが揃う場所を知っていることは本当に安心です。授業を計画する上でも、見通しがもてるのでとてもありがたいです。
私は半年も経ってやっと、このような事柄に目を向けられるようになってきましたが、これからいらっしゃる皆様は、早めに"授業等に還元できるような商品が手に入る店"を見つけておくと見通しを持って授業準備ができて良いと思います。

▲ ページの先頭へ