トップ > お役立ち情報

お役立ち情報

2019年07月31日・・ フランス
 渡航前、フランス人は冷たくていじわる、と聞き、恐怖心を募らせていました。ネットを見ても、レストランで嫌がらせをされた、日本人は差別される、などの書き込みが見られます。2か月半の短い期間ですがフランスに住んでみて分かったことは、フランスには一つの大事なルールがある、ということです。

それは、挨拶すること。例えば、お店に入る場合は、入った瞬間に"Bonjour!"と笑顔で言わなければなりません。店員さんやウエイターが近づいてからでは遅いのです。日本人はそれをしないために、マナーの悪い客とみなされ、無視されたり、軽んじられたりすることが多いようです。

滞在期間の短い私にさえ、パリやその他の観光地で無言・無表情で店に入ってくる日本人がとても奇妙に見えたほどです。私は渡航前にそれを知っていたので、フランス語はあまり喋れませんが、とにかく笑顔で挨拶しまくっていました。そのせいか、日本人だからという理由で嫌な目にあったことはありません。あくまでも私個人の感想ですが、長年フランスに住んでいる日本人の方々と話す機会があり、その人達も同意見でした。

挨拶というとフランス人は友人に会うとビズ(la bise)をします。頬を合わせてチュチュと口で音を鳴らし、キスをしている感じにする挨拶です。親しくない場合は握手などで済ませます。研修先の学校では、私は外国人なので周りの人たちも気を遣って最初biseをしなかったので、寂しい気持ちもありましたが、最後の方は親しくなった人とはbiseをするようになりました。フランス人はbiseをしたり、肩をさすったり、スキンシップが多いと感じました。場合によっては、教師と生徒がbiseをしたり、homestay先ではマザーと15歳の息子が学校に行く前など、ぴったり抱き合ってキスしたりしている様子に驚きドギマギしました。

言葉であれbiseであれ、フランス人にとって挨拶はとても大事なことのようです。フランスに行かれる方は最初は違和感があるかもしれませんが、郷に入れば郷に従え、の精神でフランス式の挨拶に染まるのも楽しい経験になると思います。
2019年07月10日・・ オーストラリア
語学学校を卒業したので一時帰国しました。
その際、昨年度分の県市民税納付の案内が届いていました。
休職したことにより、給料から引けなくなったことが原因でした。
お給料をもらいながら研修をされている方は当てはまらないと思いますが、お金に関してはこれからの必要分のことだけを予算として考えていたので、今回の高額納付は予想外の出費でした。
同じような形で研修に行かれる方は後々何にどのくらいの請求が来るのかをきちんと把握する必要があると思いました。
2019年07月02日・・
先日、Flagpoleを体験してきました。その体験から、flagpoleのポイントをまとめます。字数の関係で今回はポイントのみ抜粋ですが、より詳しいものIIP様にお渡ししてますので、関心のある方は尋ねてみてください。

《ポイント1》トロント市内および近郊からのFlagpoleはナイアガラではなくThousand Islandsをおすすめします!
ナイアガラの混み方は尋常じゃないらしい。トロント市内から行った人が混みすぎのため、Uターンしてこちら(Thousand Islands)に来たりもしているとのこと。私の周辺の地元の方全員、ナイアガラではなくThousand Islandsにする方が良い、と助言してくださいました。行ってみて本当にそうだな、と実感しています。ぜひ、これから同じ経験をされる方々には(たとえトロント市内在住で、ナイアガラより距離が遠くなるとしても)Thousand Islandsをおすすめします。

《ポイント2》現地の方に付いてきてもらいましょう!
私はホストファミリーのDさんに付いてきていただきました。結果として、Dさんの存在は大きかった。できるかぎり地元の方についていってもらう方が絶対に良いです。結局は自分たちにも質問されるが、全体の話しの疎通の程度が格段に違うと感じました。実際、アメリカ・カナダ双方とも、flagpoleは慣れている様子です。万が一付いてきてもらえる地元の方が見つからなくても(時間はややかかるかもしれないが、)何とかなるとは思います。
ちなみに、国境直前に有料道路が有ります。4ドルです。帰りは払う必要はありません。

《ポイント3》結局必要だった物は以下のとおりでした。
アメリカ国境ゲート:全員文のパスポート
アメリカ国境建物内:(全員文のパスポートだが、ゲートで渡した物が、そのまま建物内で係員同士で手渡しされる。)
カナダ国境ゲート:全員文のパスポート
カナダ国境建物内:家族全員のパスポートとIIP様から教えて頂いた以下の書類4種;
1.移民局よりメールで届いた家族全員分の、就労・就学証明書(念のためプリントアウトして持参)
2.IIP様が代理受理をした許可通知書類
3.子どもたちの入学許可証
4.研修者本人の研修受け入れ招待状・職務内容書
※ESTAを事前申請してから行きましたが、実際は使う機会はありませんでした。
以上です。これからflagpoleが必要になる方々に少しでもお役に立てば幸いです。
2019年07月02日・・ カナダ
日本の消しゴムはよく消えると言っていたので持って行きましたが、鉛筆の上に消しゴムがついている一体化の物が好きなようで、あまり活用されませんでした。

海苔巻きやおにぎりを作ると喜んでいました。ちらしの素、おいなりさんが作れる油揚げを持って行くと便利です。のりやお酢やごま油、醤油、みりんは手に入ります。
2019年06月30日・・ カナダ
北米では7月4日のアメリカの独立記念日が有名ですが、7月1日はカナダの建国記念日です。首都のオタワでは、パレードや野外ライブなど様々なイベントが街中で行われるそうです。カナダ国内でも1,2を争う大きなイベントなのでカナダ、特にオンタリオ州に滞在されるならば7月1日にオタワを訪れてみてください。

▲ ページの先頭へ