トップ > お役立ち情報

お役立ち情報

2018年03月12日・・ フィンランド
国際免許を取って行ったので、ホストファミリーの方に車を借りて買い物に行ったり、ドライブに行ったりしました。しかし、冬は雪が積もっていて運転に自信がないのでそんなに運転していません。

フィンランドの家庭ではマニュアル車が多く、運よくマニュアル免許を持っていたので運転できました。しかし、久しぶりのマニュアル車にドキドキでしたし(教習所以来)、右車線左ハンドルなので、最初はホストファミリーの家族に教えてもらい練習して一人でも運転できるようになりました。

フィンランドの田舎では主に車の移動かバスなので、免許を持っている方は国際免許も取っておいた方が幅が広がるかなと思います。
2018年03月07日・・ イギリス
日本紹介をするにあたり、学校の写真(授業風景も含め)が一通りあると便利です。インターネットでも手に入らないわけではないですが、日々の何気ない活動(授業前後の挨拶、毎日の清掃活動、給食配膳の様子など)の写真があると、現地生徒の異文化理解に役立つと思います。

また、自分自身の、生まれてから今までの写真(卒業式や成人式、制服姿、住んでいる家の内装、毎日乗る電車など)があると、自己紹介もしやすいと思います。

浴衣やけん玉、だるま落としなどの文化紹介グッズは荷物にはなりますが、一つずつでもあると便利です。生徒の反応も良いと思います。
2018年03月05日・・ カナダ
昨年11月末までは、こんな暖かい秋は初めてだといわれるくらい暖かかったのですが、12月より突然真冬になりー(マイナス)の日々が多く、今年は数年ぶりに多く雪も降ったようで、Snow Day(School busが運行できず、授業が休講になること。ただし、教員は出勤しなければならない)がトータルで5日ほどありました。

12月に突然、寒くなったときは本当に冬が越せるのか心配になりましたが、現地の人に「『足先と、手先そして耳』をしっかりガードしておけば大丈夫!」と、いわれたとおりに防寒対策をしたのですが、以外と慣れてくるとマイナス15度くらいまでは普通に外を歩いても大丈夫なようになりました。

今は、ロンドン(オンタリオ)も最高気温は5度くらいもありすっかり温かく感じます。初めて冬国を経験される方にとってはカナダの冬は不安でしょうが、それも含めて楽しむぞ!というくらいの気持ちでカナダに来てください。何年ぶりに凍ったナイアガラの滝は幻想的で綺麗でしたよ。

London, Canda, Ontario
2018年03月05日・・ フィンランド
3月になりましたがまだまだ気温は低いです。マフラーや厚手のコート、手袋は必須です。またシューズについてもスノーシューズは絶対に必要です。道は凍結するのでとても滑りやすく、スニーカーでは危ないです。さらにスノーシューズも革製のものをオススメします。フィンランドは雪も積もります。数センチの雪ですが気温が低いため、とても硬くなります。スノーシューズがナイロン製のもだとすぐに傷んでしまいます。なので革製のものをオススメします。
2018年03月01日・・ フィンランド
今年のフィンランドの冬は特に寒く、本日2/28朝の気温は-26℃となっていました。自分は完全防水防風の極厚のダウンを用意し、ニット帽を被り、スキー用の手袋をはめてなんとか体は寒いと感じることなく過ごしています。それでも顔や手は寒いと言うよりもむしろ痛いと感じるほどなので、防寒には抜かりなく準備することをお勧めします。また部屋の中は暖かいのでまったく心配はいりません。
また、靴はスノーシューズや暖かいブーツなど用意しておくと良いのではないでしょうか?

▲ ページの先頭へ