トップ > お役立ち情報

お役立ち情報

2019年05月10日・・ カナダ
スーパーのレジで会計をしている際、前の方が、カード決済しているにもかかわらずおつりをもらっていました。不思議に思い、一緒にいたホストマザーにそれとなく聞いてみると、「それはお釣りではなく、デビットカードの預金から、現金を引き出しているのよ」ということでした。ATMではなく、レジで現金の引き出しができるそうです。ただし、クレジットカードではできないそうです。
2019年05月01日・・ アメリカ
家庭よく食される料理として「キャセロール」というものがあります。冷蔵庫にある野菜やお肉などとマカロニを、クリームソースがトマトソースで絡めて、耐熱皿に入れてオーブンで20分程度焼くのですが、見た目はグラタンやラザニアのようで、いろいろなバリエーションが出来るので簡単で飽きがこないと思いました。
2019年05月01日・・ カナダ
自動車免許証と自動車保険については、オンタリオ州は特に注意が必要であることを書いた方がいいと思いました。オンタリオ州では国際運転免許証が通じません。自動車保険に入る必要が生じそうなかたは、保険会社と警察の両方から無事故証明や運転経歴証明書を取り寄せておくことをおすすめします(もちろん英文で、です。)。保険料が安くなるようです。

また、オンタリオ州の運転免許証を取得する必要があります。これは日本総領事館に行ってその旨を伝えるとそれ用の申請書があるので、それに必要事項を記入して申請します。発行まで1週間と言われます。パスポートと日本の免許証が必要です。1週間後に書類を受け取り、そのまま徒歩20分程度のService Ontarioに向かいます。そこで先ほどの書類を提出し、いくつかの質問に答えたり視力検査を受けたりして、晴れてオンタリオ州の運転免許証取得となります。これでやっと保険に入れます。
2019年04月12日・・ アメリカ
州によって、また、食品か日用品かによっても、税金の額は違います。イリノイ州シカゴに住む友人から、シカゴでは「水税」というのが最近加わったそうです。ジョージア州では食品には4%、その他、洗剤などの日用品には8%の税金が課せられいます。$4.99などの価格表示をよく見かけますが、税抜き価格なので、日本の税込価格のタグに慣れていた私は、実際に支払う額が違っていて最初は少し戸惑いました。
2019年04月12日・・ アメリカ
日本観光スポットを訪れると、お土産コーナーには決まって「15個入り、20個入り」などの食べ物が売っています。職場の方や家族、友だちに配る用に購入する人もおおいと思います。アメリカでは、そのようなクッキー、チョコなどは見かけません。親しい友だちや家族に買うことはあっても、万遍なく職場の同僚に配るという習慣はないと聞きました。お土産売り場の定番は、キーホルダー、マグネット、Tシャツ、キャップ帽などです。

▲ ページの先頭へ