トップ > お役立ち情報

お役立ち情報

2019年01月21日・・ アメリカ

Keeping ones honesty. : ボスや先生などがいない状況でも、気を抜かずにちゃんと働くこと。例えば、「宿題をちゃんとやる」とお母さんと約束した子供が、お母さんの監視が無くなっても怠けずにちゃんとやる!というときに"keeping my honesty."と使います。

Oh, jeeze. : 驚きを表したり、ネガティブな印象を受けた時の独り言で使います。例えば、レストランでお会計をする際に、予想していたよりも高額だった時に、"Oh my gosh"のように使います。
2019年01月21日・・ アメリカ
レストランでの注文の際に感じたのですが、日本に比べて、いろいろな点で柔軟に対応してくれると思います。例えば、アメリカ人の友人とレストランに行った際に「オニオンぬき」、「ライムを多めに」、などの注文を普通にしているのを見て驚きました。

よく行きなれたお店でお願いをするのであれば、日本でも無くはないのかなと思うのですが、アメリカでは初めてのお店でもチェーン店でも、割と色々なところで融通が利きます。ピザ屋さんで半分ずつ違う種類のものを併せて、それぞれ値段を半分ずつで注文することができると言われたときは感激しました。
2019年01月21日・・ アメリカ
1位、納豆。2位、梅干し。これは、現地で長く生活している日本人の方から伺ったランキングです。ピクルスに近いので梅干しは大丈夫かと思ったのですが、日本食が好きなアメリカ人の方からも強い拒否反応でした。日本食で喜んでもらえる食事は、ハンバーグ、オムライスなどの洋食、カレー、焼きそばなど味の濃い、ソースを使った料理です。

アメリカで、どうしても日本の調味料が恋しくなった時にアジアンマーケットでお味噌などを購入することができます。ただ、とても高いです。基本的に、日本のスーパーで買うよりも3から5倍は当たり前です。
2019年01月18日・・ カナダ
日本食は本当に人気があります。バンクーバーとビクトリアには「フジヤ」という日本食材を売っている大人気スーパーがあり、値段は2~3倍するものの、日本と同じものを購入できます。お陰で食生活に困ることも無く、みんなに日本食をふるまうことが出来ました。ホストファミリーに作り方を教えたところ、次回の来店では食材を買いだめしていた様子が面白くも嬉しく感じました。
カナダでも1ドルショップはたくさんあり、カナダらしい国旗の付いたお土産を買うのには大いに役立ちます。
2019年01月08日・・ イギリス
イギリスでのSIMカードはgiffgaffが良い。現地の先生のおすすめで知ることができた。
最初は安いと聞いた3を使っていたが、電波が悪く研修校付近では全く使えなかった。
giffgaffは電波が良いと評判のO2の電波を使っていて、価格も3より安い。
インターネットでの注文が必要だが、2日で届いた。


▲ ページの先頭へ