トップ > お役立ち情報

フィンランド

2019年11月26日・・ フィンランド
フィンランドの冬は寒い。マイナスは当たり前。相当覚悟してきたが思ったほどではない。ユニクロの超極暖のおかげもあるが日本と違って乾燥しているから寒さが違う。郷里の九州の冬のほうが寒く感じる。
しかし、この乾燥に悩まされている。手足の肌荒れがすごい。もちろんボディクリームは持ってきたがそのレベルではない。薬局に駆け込んだが、なかなか治らない。食べ物の違いもあるのだろうか。体質の変化に悩まされる3か月突破したこの頃である。
2019年10月26日・・ フィンランド
少しずつ寒くなってきました。私が日本で用意した防寒着・防寒具は風を完全に防ぐものではなかったので効果がありませんでした。こちらでウォータープルーフ・ウィンドプルーフのものを購入した方が確実に寒さを防げます。また、物を大事にする精神から、セカンドハンドショップが盛んですので中古でもかまわない場合はセカンドハンドショップをおすすめします。新品を買うなら洋服屋より大手スーパーの中に入っている衣類コーナーの方が安く手に入れることができます。
2019年09月23日・・ フィンランド
フィンランドの中でもバーサはスウェーデン人の占める割合がとても高いです。お店の商品や道路の看板はフィンランド語もしくはスウェーデン語です。英語がないので、翻訳できる携帯がとても役に立っています。ですが、人々はほぼ英語が話せるので、わからないときは店員さんなど現地の人に尋ねるのもありかと思います。

フィンランド人の英語の特徴として、フィンランド語の影響を受けて、shをsで発音する傾向にあります。(例:魚のfishはフィッスと聞こえます。)そこを頭に入れておくと会話がスムーズになると感じました。そして日本人の(私が未熟なせいですが)bとv、lとrは気をつけてより区別を意識しないとうまく伝わらないなと思いました。語学習得中の方の参考になれば幸いです。
2019年08月02日・・ フィンランド
北極圏の夏は30度に達する日もあれば、朝起きて8度の日もある。真夏でもかなり寒い(と思えば30度と暑かったりする)。ただ、晴れている日の日差しはかなり強い。サングラスが必須。今年は特に乾燥した夏だったらしく、ベリーが全然とれないそう。
2018年11月01日・・ フィンランド
イギリスで主流のセントラルヒーティングという暖房器具は、あまり暖かくありません。その上、私のアコモンデーションでは朝夕つかないように設定されているようで非常に寒いです。重ね着での防寒対策が必要です。

▲ ページの先頭へ