トップ > お役立ち情報

アメリカ

2019年02月14日・・ アメリカ

アメリカでは、チップスがとても人気で種類もかなり豊富です。「チッブスサンド」という、サンドイッチにポテトチップスを挟んだものが、ピーナッツバター&ジャムサンドに次ぐ人気のランチメニューです。ディップして食べることも多く、チップスのコーナーには瓶に入った色々なソースが並んでいます。小学生は、10時のおやつで(小学校にもよりますが、軽食の時間が設けられているそうです) チップスを持って来る子が多いと聞きました。


本からのお土産でおせんべいを渡したときに、中に乾燥剤の袋が入っていますが、これはアメリカでは見かけません。友人に「この白いものは何?」と尋ねられて初めて気づきました。渡すときには、湿気ならにように保つ粉だから「食べないで」と伝えてあげてください。


茶やおせんべいの味を、どんなふうか尋ねると、「寿司のあじがする」とよく言われます。はじめは意味が分かりませんでしたが、現地で日本食というと、お茶やしょうゆが登場するので、寿司=日本食、というイメージからくるのかなと思います。

2019年02月14日・・ アメリカ
Walmart(大手スーパー), Dollar store(100円ショップ)などで、シャンプーなどの生活に必要なものが安価に手に入りますが、いわゆる「肌水」のような、体につける化粧水はほとんど見かけません。「クリーム」は種類が豊富にあるのですがローションは珍しいです。べたべたしてクリームは苦手だといういう方は、日本からボディーローションを持参することをお勧めします。日本から郵送すると送料だけでも結構かかるのと、アルコールが含まれる液体は郵送の規制が厳しいのでお勧めしません。
2019年02月04日・・ アメリカ
日本でソフトバンクとの契約をしているため、アメリカ(シアトル)滞在中はアメリカ放題というSprintというネットワークが使える場所では、無料でネットワーク使い放題というプランを使おうと思ったのですが、どの場所に行ってもSprintのネットワークは圏外でした。

この1か月は家と学校のWifiのみで生活しています。ダウンタウンにはいたるところにスタバやフリーWifiを使えるところがあるので、今のところ不便はありません。

生活では、日本より、フィンランドより食料品の物価が高くて驚きました。レストランもたくさんあり、いろいろなものが手に入りますが、お金がかかります。
2019年01月21日・・ アメリカ

Keeping ones honesty. : ボスや先生などがいない状況でも、気を抜かずにちゃんと働くこと。例えば、「宿題をちゃんとやる」とお母さんと約束した子供が、お母さんの監視が無くなっても怠けずにちゃんとやる!というときに"keeping my honesty."と使います。

Oh, jeeze. : 驚きを表したり、ネガティブな印象を受けた時の独り言で使います。例えば、レストランでお会計をする際に、予想していたよりも高額だった時に、"Oh my gosh"のように使います。
2019年01月21日・・ アメリカ
レストランでの注文の際に感じたのですが、日本に比べて、いろいろな点で柔軟に対応してくれると思います。例えば、アメリカ人の友人とレストランに行った際に「オニオンぬき」、「ライムを多めに」、などの注文を普通にしているのを見て驚きました。

よく行きなれたお店でお願いをするのであれば、日本でも無くはないのかなと思うのですが、アメリカでは初めてのお店でもチェーン店でも、割と色々なところで融通が利きます。ピザ屋さんで半分ずつ違う種類のものを併せて、それぞれ値段を半分ずつで注文することができると言われたときは感激しました。

▲ ページの先頭へ