トップ > お役立ち情報

イギリス

2019年04月07日・・ イギリス
文房具はどこでも変えますが、消耗品でかさばらないものは、日本から持っていくと良いものがあります。たとえば電池、シャーペンの芯などです。高いし、探すのに苦労しました。

London, UK
2019年01月31日・・ イギリス

スーツケースを空港で受け取った所、車輪が一つ消えて無くなっていました。
すぐに空港でクレームを言いました。後で問い合わせると取り合ってくれないことがあるそうなのですぐに言うことが必要なようです。
航空会社とのやりとりは、20Euro弁償するか、新しいものと取り替えるとのことでした。

私のスーツケースは350Euroくらいのものだったので。20Euroではとてもまかなえません。あと新しいものはとても安く質も良くないもののように見えました。

また修理すれば、修理代を全額払うとのことだったので修理業者に問い合わせましたが、対応も良くなく、スーツケースが入るダンボールを探して送らなくてはいけない、荷物の引き取りを学校を休んで一日中まっていないといけない等いろいろと面倒な決まりがありこれも断念しました。

結果、インターネットで部品を販売しているのを見つけ、自分で修理しました。それが一番早くて簡単でした。以外とスーツケースのつくりは簡単なので誰でも直せると思います。

2019年01月08日・・ イギリス
イギリスでのSIMカードはgiffgaffが良い。現地の先生のおすすめで知ることができた。
最初は安いと聞いた3を使っていたが、電波が悪く研修校付近では全く使えなかった。
giffgaffは電波が良いと評判のO2の電波を使っていて、価格も3より安い。
インターネットでの注文が必要だが、2日で届いた。

2018年07月01日・・ イギリス
<気候>
5月から過ごし現在7月だが、日がとても長く明るい。日の出4:30、日の入り21:30が続いている。
<地下鉄>
地下鉄がくる頻度が多く、深夜0時前後まで走っているため、とても便利。
<無料スポット>
大英博物館やナショナルギャラリーなど、有名スポットでも無料なところが多く、とても勉強になり楽しめる。
<公園>
広くて過ごしやすい公園が多い。ヨーロッパの大都市の中では一番緑の面積が多いとされている。ランチや読書、サッカーや犬と遊ぶ・・・多くの人がゆっくりとした時間を過ごしている。
2018年06月01日・・ イギリス
研修地であるロンドンに着いて1週間が経過。まずは気候について感じたこと。

 ロンドンでは6月~8月が一番過ごしやすい気候だと聞いていたが、その通りだ。しかし、突然の雨もあり折りたたみ傘があると良い。地元の人もそれを持ち歩き、またフード付きのパーカーやジャージ(日本でいうレインコートに近いもの)を着ている人も多い。また、朝と夜の気温の差があったり無かったりで、ジェケットやコートを1着持って(着ていて)下は極端に薄着の人が多い気がする。

 次に地下鉄について。ロンドン中心部からの距離(一定の区間)で一定の料金が決められている。「時刻表」は無いが、「次の電車が何分後に到着するかを知らせる掲示板」がある。2分に1本の間隔で頻繁に来るのでとても便利。また、3駅間くらいは徒歩で30分くらいの距離であることも便利。実際に歩いてみた所、探していた店・新たな店との出会いがあり、土地勘を養うこともできると感じている。さらに、地下鉄を使用するだけでもアナウンスや人々の会話が自然と耳に入り、英語の勉強にもなる。加えて、英語以外の言語も多く聞こえてきて、本当に多くの人々が様々な国からロンドンに訪れている(住んでいる)ことを感じられる。

▲ ページの先頭へ