トップ > ニュース

過去のニュース

2018年08月01日・・ お知らせ , 過去のニュース
IIPでは以下の日程で夏期休業とさせて頂きます。

8月11日(土):通常休業日

8月12日(日):通常休業日

8月13日(月)~ 8月17日(金):夏期休業日

8月18日(土):通常休業日

8月19日(日):通常休業日

尚、メールでのご質問やご相談は、夏期休業期間中も対応しております。期間中は休業期間中につき、スタッフも最小人数にて対応しておりますので、返答が遅れることをご了承ください。

期間中は何かとご不便をお掛けしますが何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。
2018年01月19日・・ お知らせ , 過去のニュース

外国の小学校・中学校・高等学校等で日本文化や日本事情を紹介しながら、その国の学習指導・教科教育・カリキュラム作成・生徒指導などの方法を観察・体験するとともに、派遣校での活動や学校関係者宅でのホームステイなどの日常の中で、教育業界や地元の方と交流を図ることができる海外研修です。

<プログラムの特徴>
・世界の教育庁・教育委員会・学校長からの正式招聘
・海外の教育現場に密着
・アクティブラーニングなど海外の進んだ教育手法を体験
・外国語を実践的に学べる環境

<応募資格>
国立・公立・私立教員及び教育関係者(元も含む)


<研修国>
オーストラリア・ニュージーランド・アメリカ
フィンランド・シンガポール

<研修先>
小学校・中学校・高校・特別支援学校より選択

<研修期間>
1週間~4週間

<出発時期>
ご希望に応じて調整

プログラムの詳細はこちらから
2017年12月21日・・ お知らせ , 過去のニュース

冬休み中の、お電話・ご面談・スカイプによるカンセリングを受け付けています。プログラムについて詳しくお話を聞きたい方はこの機会にどうぞ。

●予約方法

電話・メールにてご予約下さい。 
TEL 03-5750-7711  E-mail info@internship.or.jp
※ご希望の日程が予約日から3日以内の場合、お電話にてご予約下さい。

ご予約の際は下記の内容をお知らせ下さい。

1.希望日時(第1希望、第2希望)
2.希望するプログラム
3.希望する国
4.Skype ID(スカイプをご希望の場合)
5.お名前、ご職業、連絡先電話番号

ご予約いただいた後、IIPより日時の確認などご連絡差し上げます

2017年の最終営業日は12月28日となっておりますので、ご希望の方はお早目に!
2017年12月21日・・ お知らせ , 過去のニュース

年末年始の営業時間は以下のようになっています。

 

2017年12月28日(木)  9:30~18:00通常営業)


2017年12月29日(金)  以降

2018年  1月  4日(木)  午前 まで 休業


2018年  1月  4日(木)  13:00~18:00まで営業

2018年  1月  5日(金)    9:30~18:00(通常営業)


休業中に頂戴した資料請求やメール相談に対しては、

2018年1月4日(木)以降、順次対応させていただきます。


よろしくお願い申し上げます。

2017年08月23日・・ お知らせ , 過去のニュース

外国の小学校・中学校・高等学校等で日本文化や日本事情を紹介しながら、その国の学習指導・教科教育・カリキュラム作成・生徒指導などの方法を観察・体験するとともに、派遣校での活動や学校関係者宅でのホームステイなどの日常の中で、教育業界や地元の方と交流を図ることができる海外研修です。

<プログラムの特徴>
・世界の教育庁・教育委員会・学校長からの正式招聘
・海外の教育現場に密着
・アクティブラーニングなど海外の進んだ教育手法を体験
・外国語を実践的に学べる環境

<応募資格>
国立・公立・私立教員及び教育関係者(元も含む)

※応募者には、書類審査および口頭によるインタビューによる選考試験を実施いたします。
※2018年4月に研修の開始を希望する方は、2017年10月下旬までに選考試験をお受けください。

<研修国>
フィンランド、スウェーデン、デンマーク、オランダ、ニュージーランド、オーストラリア、アイルランド、イギリス、カナダ、アメリカ他、希望に沿った国を優先(数国を組み合わせることも可能)

<研修先>
小学校・中学校・高校・特別支援学校より選択

<研修期間>
2週間~最長2年まで

※東京都(有給休職対象)・神奈川県・横浜市・川崎市・群馬県・埼玉県・静岡県・京都府・奈良県・大阪府・大阪市・兵庫県・岡山市・北九州市・長崎県などを例に、自治体が定める自己啓発等休業制度や長期休職制度を利用し、多くの教員が長期研修に参加しています。

<出発時期>
ご希望時期と現地事情(研修先の休暇期間など)を照らし合わせて調整

プログラムの詳細はこちらから

▲ ページの先頭へ