学力世界一のフィンランド、留学より効果のあるiiPのインターンシップで、フィンランドの教育事情を味わってみませんか。

フィンランド・北欧で暮らす体験 フィンランド・北欧で、日本を紹介しながら暮らしてみませんか?
資料請求 Document Requestカウンセリング予約 Counseling Reservation

フィンランドのココに注目!

優れた教育環境

フィンランド留学の魅力は、OECDの学習到達度調査(PISA)が示すように、何と言っても教育水準が高いこと。発想力やコミュニケーション力を重視した教育が幼児期から行われています。この国では、こうした「フィンランドメソッド」の現場を体験しながら、日本とは異なる教育方法を学ぶことが出来ます。また、通信、 ITなどのハイテク技術、建築、デザインの分野などは、他と一味違います。

素晴らしい自然環境

フィンランドは、湖と森、美しい空気や大自然に囲まれた癒しの国です。太陽の光に照らされてきらきらと光る粉雪は、この世のものとは思えないほどの美しさ。同時に、人々が、自然に帰る時間を大切に生きているのが印象的です。
フィンランド人は自然を愛し、自然の中で過ごすことを好み、森の中でハイキングやクロスカントリーなどを楽しむ。「Everyman’s right」と呼ばれる権利として、誰もが自然を自由に楽しめるようになっています。

温かい人間関係

親日家も多く、気質が日本人と似ていると言われるフィンランド人。「素晴らしい」とか、「最高!」とかほとんど言いません。それよりも、控えめに、「いい」とか、「まあまあ」とか、「悪くない」とか表現します。最初はシャイでとっつきにくいですが、一度仲良くなると両手を広げて受け入れる・・・。「居心地がいい」この言葉が合う国民性です。

フィンランドはどんな国?

フィンランドで学ぶ外国人留学生数は、年間約7千人。場所はヨーロッパ北部に位置しています。人口は520万人、面積は日本(377,829平方キロ)よりやや小さい338,000平方キロです。
首都ヘルシンキと首都圏地域を含む人口は956,800人です。国土の68%が森林 、10%が湖沼と河川、8%が耕作地という自然の宝庫。
通貨はユーロ(EUR)。日本との時差(ヘルシンキ:-7時間)。公用語はフィンランド語/スウェーデン語。

面積338,000平方キロメートル
人口520万人
首都ヘルシンキ
公用語フィンランド語/スウェーデン語
通貨ユーロ(EUR)
資料請求 Document Requestカウンセリング予約 Counseling Reservation

あなたに合わせたインターンのスタイル

スクールインターン

スクールインターン

日本を教えて世界を学ぶ!日本人がいない小さな町で、たくさんの人と出会い、ふれあいながら子供たちに日本の文化や日本語を紹介するスクールインターン。語学留学や大学留学とは違う体験。
世界の学校長・教育行政府より正式に招聘されるものです。その国のコトバで「普段着の日本」を伝える体験は、外国語を「使いこなせるコトバ」にする、海外留学・語学留学などと比べ、より効果の高い方法です。

詳細はこちら

ワーク&カルチャーインターン

ワーク&カルチャーインターン

あの国で、憧れの職場で好きなことを本場で学ぶ体験!世界のビジネス現場でスキルを身につけたい、本場でワザを磨きたい、あの企業で働きたい。そんな夢を、ひとつひとつ実現へと導く、留学と職業交流を組み合わせた研修プログラム。海外での実務経験は、就職や転職でも評価の高いアピールポイント。
コトバや仕事の壁を自分自身で乗りこえるたび、世界で生きていく能力が高まっていきます。

詳細はこちら

先輩の体験談

受け継がれてきたものを見つめる

北欧の国フィンランド。冬は-30℃を下回ることもあり、日照時間は数時間。6月は太陽の沈まない白夜。そこで約九ヶ月間、日本人は私一人という町で、プレスクールから高校まで週毎に通い、職業訓練校や各専門学校などにも訪問し、数々の授業、イベントに参加させていただきながら、日本語や日本文化を伝える体験をしました。
授業の準備は、私が日本のことを知らないことを認識することから始まり、悪戦苦闘の連続でした。しかし、海外にはない日本独特なものを見つめる中で、日本が育んだもの、受け継いできたもの、守ろうとしたものを見つめ続けることができ、長きに渡り受け継がれてきた、世界でも卓越した日本人の心を感じることができました。
また、親日的なフィンランドの方々と共に生活したことで、日本で見聞きしただけの情報だけでは得られることのない、それまでの自分の域を出た、異なった角度から物を見つめられるようになりました。
授業にとどまらず、休憩時間や放課後、週末など、子どもからご年配の方まで、衣食住に加え、お互いの文化や歴史、気候や風習、価値観などを語り合えたことは、私のかけがえのない財産になったのは言うまでもありません。
福永正輝


一生の思い出になる充実した日々でした

私のフィンランド生活は、毎日が新しい経験の連続、一生の思い出になる充実した日々でした。
その中でも特に心に残っている出来事。
学校が始まる3日前、日本で地震が起きたとのニュースをフィンランドで知りました。暗く沈んだ気持ちで迎えた学校初日、子供たちの笑顔は私を元気づけてくれました。この子達みんなと一緒に何か一つのものを作りたい、何か日本のためにできることはないか、考えた末に思いついたのが「こいのぼり作り」でした。フィンランドには可愛い生地がたくさんある、こいのぼりの鱗をいろんな布で作って、そこに子供たちみんなにメッセージを書いてもらって日本に送ろう!校長先生に相談したら、快く賛同してくださりすぐに行動。たくさんのクラスを回って日本で起きた地震のこと、子供の日のこと、こいのぼりのことを話しました。
私の学校は小中一貫校で、就業前教育のクラスも一つ。うろこは中学生の女の子たちと一緒に作り、メッセージは幼稚園児から先生まで約350人分になりました。みんなのうろこはフィンランド語、英語、日本語、字や絵で埋め尽くされました。最終的に、日本の姉妹都市の協力のおかげで、フィンランドで生まれた5匹のこいのぼりは仙台にある小学校へ届けられました。彼らが書いてくれたメッセージを読んだ時の感動は忘れることができません。

その他色々な体験談がこちらから見られます。

参加者の体験談を聞きに来ませんか。留学とは違うどんな海外生活ができるのか、ビデオ、体験談、実演を交えて解りやすくお話します。
こちらよりiiP-体験談セミナー&説明会の予約ができます。

資料請求 Document Requestカウンセリング予約 Counseling Reservation選考試験に申し込む