アンティーク・オークション 海外研修、海外のアンティーク・オークションを学ぶ、研修する

    iiP-インターンシップ Topワーク&カルチャーの研修分野例 > アンティーク・オークション 海外研修

アンティーク・オークション 
海外研修


海外のアンティーク・オークションを学ぶ、研修する

iiP-インターナショナル・インターンシップ・プログラムスでは、アンティーク・オークションを学んでいる方、アンティーク・オークション経験者の海外研修・海外専門交流を希望する、海外研修生を募集しています。

海外のアンティーク・オークションの現場を体験することで、アンティーク・オークションの専門のスキルや実践的な語学力を身につけ、アンティーク・オークションに関連する国際的なネットワークを築くことができます。

アンティーク・オークションに関して希望の研修先があれば受け入れ交渉もできます。


パンフレットを無料でお送りします。どうぞ、お気軽に資料請求ください。
こん
こんなところに行かれています。
研修機関一例
研修都市 イギリス/ロンドン
研修機関 オークションハウス クリスティーズ
研修内容 オークションの研修
特徴 サザビーズと並ぶ世界最大手のオークションハウスアンティークだけでなく不動産等、ありとあらゆるものを扱っている。
に行か
参加者の生の声を聞いてください。
体験談この研修で得た経験や知識は、毎日の仕事に生きています
A.N. さん (女性)
アンティークが好きで自分なりに勉強をしていたのですが、今のライフスタイルにどう取り入れるかという点に興味を持ち、本場イギリスで学びたいと思うようになりました。

研修先は、いくつかの希望候補をiiPに出して、クリスティーズに決定。サザビーズと並ぶ世界最大手のオークションハウスで、バブル全盛期に日本の企業がゴッホの「ひまわり」を購入した時の仲介を行った会社でもあります。
カタログ写真撮影のアシストをはじめ、重要な仕事も任されました。
オークションの最中、オークショナーの隣に立って、補佐する役目も体験。小さな声で指示が出るので聞き取りづらく、聞き直す暇もありません。でも生のオークション会場を経験できたことは、今では大きな自信であり、誇りです。
クリスティーズのスタッフやその家族は、アンティークのコレクションをしている人が多く、「ご両親のコレクションは何?」とよく尋ねられました。ある女性がジョージアンスタイルの素敵なピアスをしていたのでほめると、お婆さまから譲ってもらったイヤリングをピアスに直したものだと。

彼らはアンティークを次の世代へと大切に譲り渡しながら、暮らしの中で上手に使っているようでした。
研修中は、大好きなアンティークに囲まれ幸せでしたが、失敗して落ち込むことも。でも、なぐさめてくれたスタッフの優しさに感動。この研修先で本当によかった。できればもっと長くいたいと強く感じました。

今後もアンティークに関わる仕事を一生続けたいと思っています。
参加時の年齢:28歳

▲ ページの先頭へ

インターンシップ トップページ 資料請求 募集要項 選考申込 組織概要 アクセス スタッフ採用情報 個人情報保護方針 サイトマップ
Copyright © 2005 iiP All Rights Reserved.
使える英語が身につく海外インターンシップなら iiP !!  語学留学ワーキングホリデーとは違う、効果